CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
よいは悪い―暗黒の女王ヘカテの解決法
よいは悪い―暗黒の女王ヘカテの解決法 (JUGEMレビュー »)
ポール ワツラウィック, Paul Watzlawick, 小岡 礼子
悪くなりたくないからといって、向こうを張っても、それがよいとは限りません。2倍悪いかも知れないのです。図書館にあり□。
RECOMMEND
平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学
平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学 (JUGEMレビュー »)
M.スコット ペック, M.Scott Peck, 森 英明
これです!ブックオフで100円で売っていました。該当する人かどうかの見分け方は簡単!面白くない人ですXoX;
icon
<< 嘆きたがりの正論 | main | カンチガイしている人間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本当の本当
 誤解されやすい、というのはウソである。

 誤解しやすい、というのは当たっている。

 誤解されやすい、というのがなぜウソなのか、といえば、それが隠れ蓑になるからである。

 自分にとって都合の悪いことを相手のせいにする。そのために「されやすい」という定義の仕方は有効に使えるのである。

 誤解しやすい、というのは、早合点のせいかその人の性格のせいか、情報に乏しいせいか、誇張されたイメージばかりを知らされているせいか、ともかく、いろいろな原因が考えられる、誰にでもありうること。誤解とは、それなりにでも理解しようとするからこそ生まれるもので、本意不本意を問わず、最低条件として、その事柄や人物になんらかの関心を持っているからこそ、起こることである。

 誤解されやすさ、とは、救いがたい甘えである。

 タカをくくり、理解することを放棄し、自己保身、自己愛にのみ執着しているからこそ、されやすく、なるのである。

 また、そのように仕向けているフシもある。

 そのように仕向けるのは、やはり自己保身のため。見かけだけで判断するな、と言っているガキと同じく、本当は見かけだけで判断されて御の字なのである。

 見かけだけで判断されず、中身で判断されて立ち直れるのか。何も無いことが暴露されて、一番困るのは本人ではないのか。その自覚のないものをガキと言う。邪悪性の強い者は、必ずしもそういった単純なガキではないから、狡猾に、自分に不利になるようなことを、うっかり口にしないようにと心掛けている。

 いつまでも自分だけはピュアでいたい人間、特に男が、平気でそれをする。

 自分の性欲は仕方のないものだと言って欲しがっている人間。肉欲ではなく、あくまで愛情なのだと装いたいがために、自分の仕方のない性欲を相手に理解させようとするために、誤解されやすい人間という自分に自惚れたまま誤解を解こうと動こうともせず、母性本能に訴えかけるのである。

 誤解を解こうとすることを、ムダ骨とタカをくくる人間。必ずしもすべての人間がお互いを誤解なく理解しあえることなどないのだ、と一般論と具体論を平気でごちゃまぜにする人間。ヘタすれば、必ずしも理解しあえないことを憂いたりもする呆れ果てた自惚れ屋。

 一皮向けば、びっくりするくらいにガキである。ガキであることを指摘されたくないがゆえに見てくれをガキっぽくする。見かけで判断しているのだ、と誤解を誘うため。ガキのような見てくれとは、必ずしも派手なものではなく、前髪をまっすぐ揃えているような地味で部分的なものかも知れないし、頼まれてもいないのに何がしかに反抗心、屈しないつもりらしい気負いを背負い込んでいるような臭いかも知れないし、やたらに慇懃で相手に息つくひまを与えないような態度かも知れないし、とにかく、誤解される側の自分ではなく、する側の相手の問題なのだと、しようしようとしているのでひと目でわかる。

 けれど、ひと目でわかってしまうのは罠なのである。印象だけでわかったような気にさせられると、計算ずくの本当の部分はそれとは違うので、見かけだけで判断してしまったのでは、と思わされてしまう。邪悪性を悟られないために、ほとんど天才的に、そういった類の人間は計算ずくで善意的であるから、まじめに考えていると引っ掛かってしまう。

 そういった類の人間、極度に悪気を感じさせられることに怯え、ほんの些細なことでも絶対にそれを認めず、一旦は堂々と認めた素振りはしても、それは話の矛先を別なものに向けるための猫騙しでしかない人間は、どういう人間を身近におきたがっているのか。

 頼まなくても責任を取ってくれる人間、頼まなくても自分の代弁をしてくれる人間。しかも美人。なぜ美人かと言えば、それが「誤解されやすさ」に加えたもう一重の盾「嫉妬心」に訴えかける手段として利用できるからである。

 ひと目で見て、この人間はインチキだ、とわかり、隣にいる美人を見て、美人だ、とまじめに取り合っていたら、すでに二重の罠にかかっていることになる。正しくは、インチキな人間といる女、と、自分が勃起するのは女のせいで本意ではないのだ、という欲求と言い訳のみの塊が肉をかぶっている男、ということができるはずである。

 ガキは見てくれ通りガキである。本当の本当、ウラのウラは表である。

 なぜ美人がひっかかるのか。自分の言い訳を、他人の代弁者として他人事のように話すことが出来る上、性欲を満たすための肉便器として便利だから、に他ならない。
| 邪悪性 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://prettiest.jugem.jp/trackback/48
トラックバック
『なぜ美人ばかりが得をするのか』ナンシーエトコフ
まず、邦題がとても軽いのですが、販売戦略上こういう名前を付けるのでしょう。(私はそれでも人から勧められて本書を読みました)「Survival of the Prettiest」が原題で“美の生存”くらいでしょうか。survival of the fittest が英語の決まり文句で「適者生存」です
| 本を読もう!!VIVA読書! | 2006/03/26 10:10 AM |

『美人で孤独で不幸な人が見るメルマガ』(ID:0000162074) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
icon みんなのブログポータル JUGEM